建築分野での活用

Architecture, Engineering & Construction

建築・建設・土木分野におけるBIM/CIM 点群情報を活用シナリオ

建設業界のワークフローは、BIMによって大きく変化しつつあります。その BIM の可能性を最大限に生かすのが、Unity のリアルタイム3Dテクノロジーです。BIM に付加された各種情報を保ったままリアルタイム 3D に取り込むことが可能となり、モデルを忠実に表現するだけでなく、情報伝達を効率化・高度化することで、建築の品質を高め、コスト削減にも貢献します。

また、BIMに加えて様々な情報を加味することにより、BIMは新たな価値を想像します。スマートシティのプラットフォ-ムやデジタルツインで実現されるもう一つのシミュレーションのための現実世界、これらは現実とBIMが相互に運用され、新しい価値を生み出すプラットフォームとして進化していきます。

建築・建設分野での
Unity開発事例

大林組CPSプラットフォーム

OUTPOST(オフグリッド型コネクテッド住宅)VR Prototyping

COMING SOON

建築・建設分野の
Unity製品

Unity Reflect

BIM データをワンクリックでリアルタイム3Dに変換

建築・建設分野向け
チュートリアル

AEC

建築分野で使う機能を学んでみよう

ウォークスルー、マテリアル変更、アニメーションといった、建築分野でのUnityを活用するための応用的な機能を学びます。