Unityを活用した
開発事例

Case Study

様々な分野でUnityの技術や製品を使ったソリューション開発が行われています。

2021.12.08

株式会社大林組
大林組が「生産性10倍の達成」を目指し、サイバー空間上に建設現場を再現・構築

APPLICATION or PRODUCT NAME
大林組CPSプラットフォーム
COMPANY NAME
株式会社大林組

施工現場の情報をUnityで構築する

建設現場では、生産性向上のためにBIM/CIMデータを
活用することが増えてきました。ところが建築現場で
施工管理に使う情報としては、BIM/CIMデータは十分ではなく、資材や重機の配置から作業員の情報まで幅広い追加情報が必要となります。大林組は「生産性10倍を達成するイノベーション」を目指し、施工中の現場をサイバー空間に構築・再現する取り組みを推進。そのツールとして、Unityプラットフォームを活用しています。


現場を再現するには4つの要素を取り込むことが必要

大林組はモデルケースとして都内の現場を選定。Unityのチームとともに取り組みをスタートしました。現場を再現するには「BIM/CIM設計情報」「環境情報(周辺道路や資材、安全設備など)」「重機情報(クレーンなど)」「作業員情報」の4つの要素を取り込むことが必要です。チームは現場の写真つなぎ合わせるフォトグラメトリを使ったり作業員へのセンサー装着するなどの工夫を重ね、現場の情報をリアルタイムでデジタル上で再現することに成功しました。

BIM/CIMを超えた建設現場の大きなプラットフォーム

Unityは、BIM/CIMの設計データを、オブジェクトにひも付けられたメタ情報も含めてそのまま取り込むことができます。さらにスマートフォンで撮影した写真や作業員にとりつけた各種センサー、点群データやGoogleマップの地図情報など、多彩なデータを取り込めるため、スムーズにプロジェクトを進めることができました。大林組とUnityによる今回の新たな挑戦により「BIM/CIMを超えた建設現場の大きなプラットフォーム」という可能性を切り開きました。


BIMを活用? 現場環境をアプリで再現・管理する取り組みとその効果

開発事例

株式会社大林組 大林組が「生産性10倍の達成」を目指し、サイバー空間上に建設現場を再現・構築

株式会社大林組

建築・建設分野

大林組CPSプラットフォーム

OUTPOST(オフグリッド型コネクテッド住宅)VR Prototyping

株式会社 日南

建築・建設分野

OUTPOST(オフグリッド型コネクテッド住宅)VR Prototyping

Custom Unity Editor for Designers

Honda

自動車&製造分野

Custom Unity Editor for Designers

Training&Guidance with XR

トヨタ自動車

Training&Guidance with XR

AGX Dynamics for Unity

Algoryx Simulation AB / VMC Motion Technologies株式会社

自動車&製造分野

AGX Dynamics for Unity

箱庭:単体ロボット向けシミュレータ

TOPPERS プロジェクト

自動車&製造分野

箱庭:単体ロボット向けシミュレータ

SAP

SAP

DX&デジタルツイン

XR Cloud アプリケーション

「MaVROS(Matsuya VR Operation System):マブロス」

株式会社積木製作

その他

「MaVROS(Matsuya VR Operation System):マブロス」

STYLY

株式会社Psychic VR Lab

その他

STYLY